デリケートゾーンの黒ずみケアをするメリットは?

MENU

デリケートゾーンの黒ずみケアをするメリットは?

Q:見えないのだから、別にケアをしなくてもいいのでは?

 

 

A:確かに人目に付く場所ではないので、ケアをしなくても大丈夫。でも、きれいになると、ほとんどの人が自信を感じています。

 

デリケートゾーンの黒ずみは人目に付くものでもないので、そう躍起になって気にする必要はありません。ただ、見えないとはいえ自分は気が付いている部分ですから、そこがきれいになると気持ち的に嬉しくなったり、自分の自信になることも。肌の状態以上に、そうした心のメリットがあります。

 

例えば、お風呂にはいって裸になった時、ふとみたデリケートゾーンがきれいだったりすると嬉しくなりますね。逆に黒ずんでいると、「汚いな〜」なんて思ってしまいます。それは、友人や家族、もしくは一人で温泉に入った時などにも実感。実際に、黒ずみクリームを使った人の口コミでも、「温泉や海に遊びに行くのが嫌じゃなくなった」と答えている人が多いです。

 

また、恋愛面でのメリットも。黒ずみが気になって「汚いと思われたどうしよう」とか「遊んでいると思われたら…」なんてネガティブに考えてしまうことがありますが、キレイにケアしていると、それが自信につながり恋愛にもポジティブになれるのです。

 

そして、ケアすることが自信につながることも。些細なことからも知れませんが、ケアしていることが安心と自信を育んでくれるのです。

 

 

Q:男性から見てどう思う?

 

 

A:気にしない人もいるけれども、あまり良いイメージはない

 

デリケートゾーンが黒ずんでしまっている女性を、男性はどのように見ているのかは気になるところ。多くの女性が、「汚い」とか「遊んでいる」とか思われてしまうと不安になりますね。あるアンケートでは、下記のような答えが集まったのだそうです。

 

・黒ずんでいるよりはきれいなピンク色のほうがいい
・理想を聞かれたら、それはやっぱりピンク色
・あまりにも黒ずみがひどいと、ちょっと引いてしまう
・黒すぎるほど不潔なイメージが強くなる

 

…などなど、こうしてみると、ひどい言われようです。女性同様、あまり良いイメージは持っていないのですね。

 

ちなみに、デリケートゾーンが黒ずんでいると遊んでいるイメージが強い…といったことがよく聞かれますが、これは男女間に勝手に根付いている話と言えます。なぜなら、デリケートゾーンの黒ずみは摩擦などの刺激が原因でできるものだからです。主に肌着による事が多いので、そうしたことからも信憑性のない話と言えるのです。いつまでもこの手の話が消えないのは、この話を本当と受け取っている人が多いから、かなり残念な話といえます。