デリケートゾーンの黒ずみケアクリームを選ぶ時のポイント

MENU

デリケートゾーンの黒ずみケアクリームを選ぶ時のポイント

Q:黒ずみケアアイテムの上手な選び方はありますか?

 

 

A:肌荒れに良い成分や保湿成分、美白への有効成分が配合されていること。さらには、余計なものが入れられていない無添加なものであること。

 

デリケートゾーンの黒ずみケア商品を選ぶ際、その候補に挙がるのがクリームと石鹸です。ただ、クリームと石鹸では黒ずみへのアプローチが異なり、黒ずみケアを考えるのであればクリームがおすすめです。

 

クリームは、黒ずみの原因であるメラニンに直接アプローチができ、さらにその保湿行為から乾燥による黒ずみもケアできます。ところが、石鹸の場合では、肌をきれいな状態にして細菌の発生を抑えることはできるのですが、黒ずみに関しての美白ケア効果は弱いものとなります。なぜなら、そう時間をおかずに洗い流されてしまうからです。そうしたことからも、クリームの方が美白作用が高く黒ずみの解消効果も高いと言えます。クリームを塗る際には、気になる部分だけで大丈夫です。

 

ちなみに、ジャムウソープといったものが口コミでもよく耳にされますが、これは黒ずみケアよりもニオイケアとして使う方が適切です。クリームを使いつつ、ジャムウソープを合わせて使うとより効果的となるので、そうした使い方はおすすめです。

 

 

Q:黒ずみに有効な成分には何がある?

 

 

A:厚生労働省認可の美白有効成分が配合されている、薬用化粧品がおすすめ。トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、プラセンタなどがあります。

 

美白に有効な成分としては他にもいろいろとありますが、医薬部外品として厚生労働省の認可を受けているものが安心です。また、美白だけでなくお肌を荒れにくくする成分が入っているのもおすすめ。グリチルリチン酸2K(もしくはグリチルリチン酸ジカリウムと記載されています)などは、肌の荒れを予防して沈静化させると、肌を整える力があります。デリケートゾーンは摩擦といった刺激を受けやすい場所なので、こうした成分が入っていると黒ずみをひどくしないですみます。

 

そして、敏感な部分ですから刺激となるようなものが、なるべく入っていないものを選ぶのがいいです。たとえ美白成分や保湿成分がたっぷりと配合されていたとしても、添加物もたっぷりでは意味がなし。せっかくのケアも、添加物が刺激となってなかなか思うような効果を得られなくなるでしょう。お肌に優しいかどうかはとても大事なポイント。できるだけ、アルコールや着色料、香料、パラベン、鉱物油などが配合されていないものを選ぶようにしましょう。