市販の美白製品で黒ずみは白くなる?

MENU

Q:市販の美白クリームでは効果はないのですか?

 

 

A:いくら美白クリームとはいえ、デリケートゾーンに使うのは注意が必要です。

 

市販の美白クリームにはさまざまなものがありますが、大きく分けるとボディ用と顔用とあります。コストパフォーマンスも良く、手軽に購入することが可能。思い立った時にすぐに使えますが、これをデリケートゾーンに使うのには注意が必要です。

 

なぜなら、たとえボディ用といっても、デリケートゾーンにとっては刺激が強い成分が配合されていることがほとんどだからです。鉱物油やパラベン、着色料、香料などがそれにあたり、これらの成分はデリケートゾーン専用ケアにはほとんど入っていないのです。ちなみに、肌の状態は人によって異なりますから、最初にパッチテストで自分の肌には大丈夫かどうかを確認しておくと安心です。

 

口コミでも、市販の美白クリームを使って肌トラブルがおこった話がでています。

 

・ボディ用美白クリームを使ったら、ひどいかゆみが出るようになった。
・デリケートゾーンに赤みができてしまった。
・顔用の美白クリームを使ったら薄くなってきて、特にトラブルも見られなかった。ただ、高すぎて続けることができなかった。

 

かろうじて顔用美白クリームで黒ずみがきれいになった人もいるようですが、継続できなかったのでは意味がありません。しかも、たまたま相性がよかったから何も起こらなかったのかもしれません。それは、金額からもわかります。

 

 

Q:ニベアは使っても大丈夫?

 

 

A:保湿効果は高いけど、黒ずみ解消効果についてはあまり期待できない

 

昔から定番のケアアイテム「ニベア」。ニベアの青缶タイプには、優れた保湿効果を持つスクワランやホホバオイルが配合されており、他にもさまざまな有効成分が配合されています。ただ、黒ずみの原因物質であるメラニン生成を予防したり、排出する力はあまりなし。あくまでも肌を保護するといった使い道でならぴか一のクリームなのです。

 

ただ、デリケートゾーンには良くない鉱物油やシリコン、香料などが入っていますので、保護するといっても刺激が強すぎる傾向にあります。実際に使ってみた人の口コミでも、肌がひりひりしてしまったなんて声が聞かれます。しかも、生理かどうかでも刺激の強さが変わったという話や、逆にトラブルはなにもなく肌がふっくらきれいになったという声もあります。

 

「ニベア」は定番クリームであり、金額的にもお手頃。ただ、黒ずみに効くかどうかはわからないので、もしものことを考えて避けた方が無難と言えるでしょう。