サロンで脱毛すると黒くなってしまう?

MENU

サロンで脱毛すると黒くなってしまう?

Q:脱毛したら黒くなったような気がします。気のせいでしょうか?

 

 

A:いろんな原因が考えられますが、これまで体毛で隠れていたので目立つようになった事、施術を受けるための自己処理が原因になっている可能性があります。

 

近年、デリケートゾーンの脱毛が増えています。これは、水着をキレイに着こなしたい…といった気持からのようです。ただ、海外のセレブなどの間では、デリケートゾーンの脱毛は一般的なものですから、そうした憧れがあって増えているともいえます。

 

ただ、脱毛をするとなると施術前の自己処理が必須となり、デリケートゾーンに関してもできる範囲で自己処理を事前にしてこなくていけなくなります。その場合、多くの脱毛サロンで電気シェーバーを使った処理を推奨しているようです。

 

ただ、なかにはカミソリなど他の方法で処理する事もあり。そうした処理方法が刺激となり、デリケートゾーンが黒ずんでしまう事も…。黒ずみができる大きな原因とは、メラニン色素の沈着です。デリケートゾーンの皮膚は弱いですから、カミソリやシェーバーが刺激となって、通常よりもメラニン生成が増えてしまいがち。これが、黒ずみの生成スピードを増やしてしまう事に。結果として、黒ずみが濃くなってしまったりするのですね。

 

また、もともとあった黒ずみが、体毛がなくなることで目立つようになります。これまで隠れていたのが見えるようになったのですから、濃くなったと感じてしまうのも無理がない事といえます。

 

 

Q:脱毛後、黒ずみを悪化させないためにはどうしたらいい?

 

 

A:保湿をしっかりとする

 

脱毛後にデリケートゾーンの黒ずみがひどくなってしまうのは、それはサロン側の落ち度ではなく、脱毛後のケアが不十分だったからです。さすがに、脱毛後のアフターケアは自分でしっかりとやらなければいけないもの。

 

レーザー脱毛をすることは、軽度の炎症状態を起こすことになります。それが一時的に続きますので、ひどい乾燥状態に…。しかも、デリケートゾーンの皮膚は弱く敏感ですから、肌を守ろうとしてメラニン色素の分泌を促してしまうことになります。これを予防するには、メラニン色素が分泌されなくても済むように、十分な保湿をする必要があるのです。

 

また、一時的に皮膚がひどくダメージを受けたことで、ターンオーバーが乱れてしまう事も。不要な角質が残ったまま、それが黒ずみのもとに…。これも、保湿を十分にすることでターンオーバーを安定化させ、黒ずみを予防するのです。